北の快適工房

『みんなの肌潤風呂』に関するよくあるお問合せ

Q使用上で注意すべき点はありますか?

『みんなの肌潤風呂』に配合されている保湿成分によって、浴槽内が滑りやすくなります。
そのため、浴槽に入るとき・出るときは十分に気をつけていただきますようお願いいたします。
また、『みんなの肌潤風呂』をお湯に溶かす際は、よくかき混ぜてからご入浴ください。

Q成分は何が入っているの?

全成分については、以下をご確認ください。
《全成分》
セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ビート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油


『みんなの肌潤風呂』はうるおい成分として甜菜(てんさい)から抽出したビート糖や、
天然ミネラルを含んだ湯の花エキスなどを配合しています。
使用している原材料は全て肌にやさしい成分を厳選しておりますが、
アレルギーをお持ちの方は使用前に配合成分をご確認くださいますようお願いいたします。

Q保管上の注意はありますか?

直射日光や高温多湿の場所を避けて保管してください。
天然原料を使用しておりますので、高温の環境で保管すると、袋内でガスが発生し、
袋が膨張してしまう可能性がございます。
※袋が膨張した場合でも、品質には問題ございませんのでご安心ください。

Q1回の使用量はどのくらい?

1回20~30gを目安に、湯量に合わせて浴槽のお湯に溶かしてご使用ください。

《目安量》
・単身用ユニットバスの場合(170L程度):1回20g(付属スプーンの1/3)
・一般家庭の浴槽の場合(255L程度):1回30g(付属スプーンの半分)

なお、肌を清潔に保つことが重要ですので、出来るだけ浴槽のお湯は毎日取り換えていただくことがお勧めです。

Q推奨量よりもたっぷり使用しても大丈夫?

はい、お使いいただけます。
特に肌がデリケートな時期は、量を増やしていただくことでより実感していただけることと思います。

Qどのような状態の肌でも使用できるの?

■ジュクジュク汁が出ている場合
『みんなの肌潤風呂』を溶かしたものを、「かけ湯」としてご使用いただくことをお勧めいたします。
お肌が非常にデリケートな状態ですので、全身を温めすぎないよう、浴槽に全身浸かることは避けてください。
万が一、『みんなの肌潤風呂』を溶かしたものをかけ湯としてお使いいただくことで、
刺激を感じる場合には、ご使用をお控えください。

■ゴワゴワしている場合
ご使用を続けていただくことで、肌の角質層にうるおいを届けながら、肌のバリア機能の状態をサポートしていきます。
(うるおいが肌に引き込まれ、保湿されることにより、カサつきが軽減されます)

使用している原材料は全て肌にやさしい成分を厳選しておりますが、
ご心配の場合は使用前に配合成分をご確認ください。

《全成分》
セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ビート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

『みんなの肌潤風呂』をご継続するにあたり、肌の状態によっては、変化を実感いただけるまでに
お時間がかかることもございますが、毎日のご使用でバリア機能、肌の状態の変化を実感いただけるかと思います。

Q子どもにも使えるの?

浴槽内が滑りやすくなりますので、特に小さなお子様と一緒にご利用いただく場合は、浴槽内に入るとき・出るときは十分に気をつけていただけますようお願いいたします。

Q『みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~』と併用しなくても使える?

『みんなの肌潤風呂』のみのご使用でも肌のスベスベ・潤いを実感いただけますが、
『みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~』に配合されているお砂糖の高浸透力(※)と吸水保湿力によって肌をやわらかく整え、
さらによりうるおいを浸透させることで、より実感していただけます。
(※)角質層までの浸透

★お勧めの使い方


【STEP1】お手持ちの石けんで全身の汚れを落としてお肌を清潔にします
【STEP2】『みんなの肌潤風呂』を入れた浴槽に浸かります
【STEP3】 『みんなの肌潤糖』を肌になじませます
【STEP4】1~2分なじませた後は、『みんなの肌潤風呂』のぬるま湯でサッと洗い流します
【STEP5】湯上がり後の保湿ケアをします(※保湿ケアには『みんなの肌潤ろーしょん』がお勧めです)

Q入浴後は、身体を洗い流した方がいいの?

『みんなの肌潤風呂』を溶かしたお湯には、保湿成分や温泉成分が入っているため、
湯上り後は洗い流さずにタオルで拭くだけがお勧めです。
気になる場合には、ぬるま湯で洗い流していただいても問題ございません。

Q残り湯は洗濯に使用してもいいの?

ご使用いただけますが、柔軟仕上げ剤との併用やおろしたての衣類の洗濯にはお使いにならないでください。
また、つけおきはせず、すすぎは清水をお使いください。

Q誤って目や口に入ってしまったらどうしたらいいの?

身体に害のある成分は配合しておりませんが、目・口に入ってしまった場合は、
水を飲ませる・洗い流すなどの適切な処置を行なってください。
万一、使用後に痛み・赤み・違和感が残る場合は、医師に相談してください。

Qその他お問合わせ

問合わせたい内容が上記にない場合、下記ページよりご連絡ください。
その他のお問合わせ≫